香りの濃度と付ける場所!プレミアムパヒュームストーリアはどこ

香水の付け方は、いろいろ試して自分にとって最良の場所などを、ケースバイケースで決めるしかありません。でも、プレミアムパヒュームストーリアを始めとして、香水の種類、濃度によってどのように考えたら良いのか?気になりますよね。そこでひとつのご提案として、ご紹介しておきます。これでないとダメということは無いですから、ご理解願います。

香水の濃度と分類
香水の濃度と分類として、わたしが利用しているもので記載していきます。あくまで概算で正確にはその香水商品で確認してくださいね。
・パヒューム:濃度15から20%
・オードトワレ:濃度5から10%
・オーデコロン:濃度2から5%

香水を利用する位置と分類

付け方1
首筋近辺

1.耳の後ろ:パヒュームをポイント的に
高温でよく香る辺りになるので、あまり男性は付けない方が良いとは思いますが、指でポイント的に利用したい。

2,うなじ:オーデコロンをさらっと一面に
ここも耳の裏と同じように高温になり、香ります。男性は付けない方が良いと思います。つけすぎると香りがキツイだけでなく、日差しを受けて日焼けすることもありますから気をつけましょう。

付け方2
腕から手首近辺

3.ひじの内側:オードトワレをライン的に
うでの内側には静脈をイメージしてライン的につけると香りやすくなります。つけ過ぎには注意したい。

4,手首:パヒュームをポイント的に
両手首をこするようにつけたりもしますが、指でポイント的に一点レベルで大丈夫。よく動かす場所で香りやすいので、つけ過ぎると香りがキツくなります。気をつけましょう。

付け方3
足から足首

5.ひざ裏:オーデコロンをさらっと一面に
男性はあまり香りが強くないように、足の辺りがおすすめだと思います。ほのかに香る形になりやすいので、利用してみて欲しいですね。

6.足首:パヒュームをポイント的に
アキレス腱辺りにつけると効果的です。歩く度に香りやすいのでおすすめです。リタッチもしやすいので、トライしてみて欲しい。

イメージはつかんでいただけましたでしょうか?
あまり顔に近いところは、ハナに直接きてしまうので、男性の場合はほのかに香るひざ裏か足首辺りをおすすめしています。

男を香らせる!プレミアムパヒュームストーリアの衝撃


最新記事